• 板橋めぐみ

自己紹介は出会いの扉

はじめまして。放送作家の板橋めぐみです。 テレビやラジオの企画・構成の仕事を始めて、かれこれ20年以上経ちます。 去年まで5年ほど大学講師として、メディア関連の授業を担当していました。 最近、一般の方々の自己紹介をお作りする「自己紹介オーダーメイド」という サービスを始めたところです。

すべては「もったいない!」から始まった

私が「自己紹介」を意識し始めたのは、今から15年ほど前。 きっかけとなったのは、 当時担当していた、FMラジオの生放送の朝の帯番組です。 その時、毎日のように湧き上がっていた思いがありました。 「もったいない!!」 私のブログはこの思い出から始めさせていただきます。

当時の私の仕事のひとつが、クイズコーナーなどの電話での出演者を、 毎回応募してくれる参加希望者の中から選ぶこと。 作り手側としては、番組を盛り上げるためにも、少しでもパーソナリティーと 面白い話ができそうなリスナーを出演させたいもの。 そのため出演候補者に「趣味」「今の仕事内容」「がんばっていること」などを 電話で尋ね、話が盛り上がりそうな方に出演をお願いしていました。 ちなみにこの電話リサーチはコーナーの直前のわずかの時間を使って行います。

放送時間は迫っている。 一秒でも早く、ネタを持っている、話題のあるリスナーを選びたい。 しかし困ったことに、リスナーの方々の自己紹介は概して面白くないのです。 返って来る答と言えば、「普通の会社員です」「趣味はサッカーのテレビ観戦」 「忙しくて仕事以外、特に何もやってません」…などなど、 「それじゃ、話題が広がらない!」「リスナーが興味を持てない」というものばかり。 とはいえ、番組を盛り上げねばならない私は、焦る気持ちを抑えて粘り強く質問を続けていきます。 すると、少しずつですが面白い話題が出てくるのです。そのたびに思いました。 「最初から言ってよ〜〜」 同時に、歯がゆくなりました。 「この人たち、面白いのに損してる!もったいない!」

「出会いの扉」が開くかどうか、勝負は最初の15秒

私の場合は仕事なので、「普通の会社員です」と言う初対面のリスナーに対しても、面白いアピールポイントを掘り起こすべく、諦めずにいろいろな質問をします。

しかし、普通は最初の15秒の自己紹介で「普通の会社員です」といった段階で会話も終わり、相手の関心もストップしてしまいます。つまり、せっかく自己紹介しても、「出会いの扉」が開くことなく、終わってしまうのです。

すべての出会いは相手から関心を持ってもらうこと、気にとめてもらうことから発展します。そうしたきっかけが生まれて初めて、ビジネスチャンスが広がったり、新しいネットワークを築けたり、恋人ができたり…といった展開があるのです。

しかし私も含めて多くの人は、日本人特有の奥ゆかしさ・控え目さが邪魔をしてか、自己紹介は下手&無頓着&雑&適当。加えて「自分の魅力は、仲良くなってから、おいおいわかってもらえればいい」と呑気な構え。いえいえ、最初の15秒で興味を持ってもらえないと、「おいおい」とか「次」なんてありませんから!!

「無駄に終わってしまう出会いが多すぎる! もったいない!!」、そんな思いに駆られた当時の私は考えました。「私が見つけられる面白いアピールポイントを、なぜ自分自身では最初からアピールできないのだろう?」

考えた末、出てきた答は、「普通の人は自分自身を『放送作家の目』で見ていない」ということでした。

この続きはまた次回。

皆さんの魅力が開花することを願って、毎回、お花の写真をアップします。

 放送作家の「自己紹介オーダーメイド」にご興味のある方は、

こちらまでお願いします!  

https://www.megumi-itabashi.com/self-introduction


  • Facebook Social Icon

© 放送作家 板橋 めぐみ