テレビに出る気がなくても、世の全ての人が「メディア対策」をしておくべき理由