あなたも私も、みんながトクする自己紹介とは


こんにちは。放送作家の板橋めぐみです。 テレビやラジオの企画・構成の仕事を始めて、かれこれ20年以上経ちます。 去年まで5年ほど大学講師として、メディア関連の授業を担当していました。 最近、一般の方々の自己紹介をお作りする 「自己紹介オーダーメイド」というサービスを始めたところです。

自己紹介の一挙両得な「絞り方」とは

前回は、自己紹介で大事なのは、 〇〇に詳しい「○○の人」(例:袋麺の人、信号機の人、おはぎの人)と 覚えてもらえるよう、自分のアピールポイントを一つに絞ること! 

というお話を書きました。

今日は「絞り方」について書いてみます。 この絞り方がうまくいくと、

あなたも私も、みんながトクする自己紹介になります。 以前、お相手に興味を持ってもらえる自己紹介には3つのポイントがある、

という話を書きました。 その3つのポイントとはこちら。

1.わかりやすい 2.共感できる 3.役に立つ この3つのポイントが備わっていることが望ましいです。 アピールポイントを「一つに絞る」ことは、 「わかりやすい」につながります。 ここでぜひやってほしいのが、

「相手のお役に立てる要素を一つに絞る」ということ。 的確に絞れると、 「わかりやすい」「役に立つ」の2条件をクリアーできます。 しかも、お相手にとって「この人はこんな面で私の役に立ってくれる!」が

すぐにわかりますし、 自己紹介する側にとってもお相手に印象を残せ、次につながり、

良いことづくめです。 「なんでもできる」は命取り 得意は「一つ」に! ここでも要素はできるだけピンポイントに絞ってほしいです。

例えば弁護士さんの場合、 「弁護士」という肩書きだけで絞り込みは十分に見えます。 でも、自己紹介された相手からすると

「この人はどんな場面で役に立ってくれるのか?」がわかりづらいのです。

大抵の弁護士さんは、離婚や相続、事故や企業法務など

幅広く手がけていらっしゃるので「なんでもできますよ」と言いがち。

でも「なんでも」「幅広く」できる、と言った途端に

「何で役に立てるのか」がぼんやりしてしまいます。 そこで「離婚」「交通事故」「企業法務」など得意ジャンルを一つに絞って

お話しすることをおすすめしています。

以前、ご相談に来てくださった方の中に、

ワークショップを通じたメンタルトレー二ングをされている男性がいました。

その方の場合は「人間関係のトラブル全般、なんでも対応できます」という

ことでした。 でも「人間関係」だと幅広すぎて、ぼんやりしてしまうんですね。

この方の場合は、特に「夫婦関係改善」がお得意とのことだったので、

自己紹介でお話する要素を「夫婦関係」に絞ってもらいました。

とはいえ、「自分は『離婚』以外にも色々できるのに!」 「夫婦関係以外にも親子や友人関係のワークもできるのに!」

「他の要素は捨ててしまうのか?」という疑問も当然生まれるでしょう。

もちろん、捨てるわけではありません!

この続きはまた次回。

皆さんの魅力が開花することを願って、毎回、お花の写真をアップします。

放送作家の「自己紹介オーダーメイド」にご興味のある方は、 こちらまでお願いします!   https://www.megumi-itabashi.com/self-introduction

  • Facebook Social Icon

© 放送作家 板橋 めぐみ