「万人向けを狙った自己紹介」は「一斉メール」! それはつまり・・・



こんにちは。放送作家の板橋めぐみです。 テレビやラジオの企画・構成の仕事を始めて、かれこれ20年以上経ちます。 去年まで5年ほど大学講師として、メディア関連の授業を担当していました。 最近、一般の方々の自己紹介をお作りする 「自己紹介オーダーメイド」というサービスを始めたところです。

皆さんの魅力が開花することを願って、毎回、お花の写真をアップします。

「ぜひとも読んでもらいたい」なら一斉メールは避けた方が良い理由

放送作家という仕事をしている関係で、しばしば経営者さんや個人事業主の方から

「テレビに取材してもらうにはどうしたらいいか」という相談を受けます。

さらに「一度取材してもらったことがあるのだが、

取材してくれた方々とその後どのように付き合ったらいいか?」もよく聞かれます。

それに対して私は、「企画やプレスリリースなどを継続してお送りしては?」と

お伝えしています。

そしてこう付け加えます。

「送るときはBCCの一斉メールではなく、担当者一人ひとりに宛てて送ってね」。

これ、複数の番組から取材されたことのある経営者さんは、

ついつい一斉に送りがちなんです。

でも番組担当者って、BCCの企画提案メールはまず読まないんですよね。

「一斉メール」=「自分だけのために書かれたメールではない」と思うので

後回し、もしくは削除…ということになるのだと思います。

これは企画提案メールに限らず、

メールマガジンなどの一斉メールにも当てはまりますよね。

見出しをパッと見て、よほど興味があれば開きますが、

そうでなければゴミ箱行き。

ちょっと淋しいですが、それが現実かもしれません。



「万人向けの自己紹介」は存在しない



そんなBCCの一斉メールのことを考えていた時に気づいたことがあります。

それは、「万人向けを狙った自己紹介」が この一斉メールと仕組みがそっくりだということです。

自己紹介の相談を受ける中で、よく聞くのが、

「どこに行っても通用する、万人向けの自己紹介を作りたい」という声。

でもこの要望に対して私が返す答えはいつも同じです。

「万人向けの自己紹介は存在しないんですよ〜 ごめんなさい!」

「万人向け」の自己紹介がもしもあれば、とても便利ですよね。

どこに行っても同じ話をすればいいわけですから。

とはいえ「自己紹介」は「私がこんなことであなたのお役に立てる」という

プレゼンの場。

ある自己紹介が、例えば40代女性に受けたとしても、

10代男性には全く響かないこともあるわけなので、

ある程度、出会う相手に応じて使い分ける必要があります。

相手がどんな人なのかにかかわらず、

「おそらく万人に受けるであろう」=「無難」な自己紹介をしてしまうと、

それは一斉メールと同じ。

「自分には関係ない」と思われて、

結局、相手の興味を引くこともなく、そのまま忘れ去られてしまう。

これってとても勿体無いことです。

ですので、

自己紹介は、相手が男性か、女性か、年齢層がいくつぐらいか、職業、などに応じて

何パターンか用意しておくことをオススメしています。

ちょっと面倒くさいですが、できる人は必ず用意していますね。

放送作家の「自己紹介オーダーメイド」にご興味のある方は、 こちらまでお願いします!   https://www.megumi-itabashi.com/self-introduction

「ホームページがわかりやすいかチェックしてほしい!」という方のためのサービスも

始めました! https://www.megumi-itabashi.com/homepage

  • Facebook Social Icon

© 放送作家 板橋 めぐみ